logo

第5回のエアグルコネクトには、AAAから蒼月 空代表と、ARTから愛琉支配人がそれぞれ出演。かつては同じ店で一緒に働き、今でもたまに飲みに行く中であるというお二人。エアグルコネクト史上、もっともフランクな雰囲気の中で、プライベートなお話から仕事の話まで、さまざまなトークテーマで語り合ってもらった。

蒼月空 代表

AAA

蒼月空 代表
愛琉 支配人

ART

愛琉 支配人
愛琉、支配人になったんだ。
そうですよ(笑)。2022年の1月からですね。
ちなみに何歳だっけ?
今年で25歳になりましたね。空さんは何歳になられたんですか?
俺は31歳。愛琉が入ってきたのがもう5年前か(笑)。その時とARTと今のARTは変わった?
根本は変えないように、みんな意識してやっている感じですね。清美さんが代表だった時から。
そういう店の基盤みたいな考えがあると、スタッフも店の方向性を理解しやすいし、伸びやすいよね。話変わるけど、今でもめっちゃ飲んでるの?
飲んでますね(笑)。
この前久々に愛琉と飲んだけど、飲み始めると長いよね。俺と別れた後も別のところに行こうとするし(笑)。

寂しいんですよ(笑)。僕が食い下がってきた時は遠慮なくタクシーにぶち込んで下さい(笑)。でもこの前、後輩と飲んでてタクシーにぶち込まれたんですけど、そのまま一周して戻ってきたりしましたけど(笑)。

嘘でしょ(笑)。なんでだよ(笑)。

その前は僕を帰らせようとする従業員から走って逃げたりもしました(笑)。「明日ミーティングなんで帰ってください!」「もう少しだけ飲もうよ!」と(笑)。

:飲みに行きたくて逃げるって謎だな(笑)。帰って家で飲めばいいじゃん、広いんだし。俺、一度お邪魔したことあるから知ってるんだよね。撮影でだけど。プライベートで招待されたことは一回もない。
誘っても来ないじゃないですか! 僕の中で誘っても来ない人ランキングNo.1ですよ。2件目誘っても「いや俺は帰る」って(笑)。
だって2件目って絶対バーじゃん。バーの雰囲気は好きなんだけど、酔いたくないんだよね。行くのは月一でいい(笑)。バーで思い出したけど、愛琉って歌上手い
よね。
そうですか?(笑)。確かに上手いとは言われますけど、物凄く上手いって訳ではないですよ。
シンプルに声がカッコいよね。完全に武器の一つになってるし。
確かに意外と歌う場面は多いですよね。自分も気持ちいしカッコよく決められるんで、一石二鳥ですね(笑)。でも実は最近、歌わないんですよね。
なんで? カッコつけてるの?
違います(笑)。声が酒焼けで掠れていて、高音が出ないんですよ(笑)。
なるほど(笑)。なんか俺ばっか質問してるな。何かないの。
空さんは代表されていて、メンタル面は問題ないですか?
お前それ、この前飲みに行った時と全く同じ質問(笑)。大丈夫よ。グループの他の店舗と比べたらまだまだだけど、確かに店は成長してるから。
疲れたりしなんですか?
疲れはあるかな。まだまだ幹部とかが少ないから。疲れはするけど、それが代表の仕事だからね。言うこと聞かない奴ばっかりだったら病むかもしれないけど、みんな素直だし。今よりも、代表になったばかりの時の方が大変だったな。いきなり一人でAAAに行ったからね。絡んだことないメンバーばっかりで。
それ絶対に大変ですよね。
スタッフ全員が未経験だったらまとめるのは簡単だと思うけど、全員ある程度の経験者で、そういったメンバーを一つの方向に向かせるのはちょっと大変というか。ARTでの成功体験をそのままAAAに持ち込むのは無理で、色々と試行錯誤する必要があって。その時に辞めていった人もいるけど、辞めて今、輝いている人はい
ないと思う。
それ分かりますね。ARTを辞めていった人で別で売れてる人、一人も見たことないんで。やっぱり何か嫌なことがあって逃げてしまう人って、成功しないんですよね。
そうだね。一回でも逃げたら癖になっちゃうし、なかなか一から頑張ろうと気
持ちも上がらないし。今はそういう風に逃げる従業員がいないから大丈夫かなと。
初回とかにもつかれているんですか?
ついてるよ。従業員には俺をどんどん踏み台にしていってほしいけどね。まだ今は俺が頑張らないとな、って感じ。
空さんが31歳で頑張ってるのを見ると僕も長くやりたくなるので、ずっと頑張っててほしいですね(笑)。
嫌だ(笑)。俺もう10年ちょっとホストをやっているから、そろそろ……(笑)。そっちはいつ代表なるの?
分からないです(笑)。僕は先のこと考えないタイプなんで。 ノリと勢いなんで(笑)。今目の前のことを全力で頑張れない奴に、先のこと考える暇なんてないんじゃないの?と思うんですよ。今が100%ならいいと思うんですけど、僕はまだできてないんで。代表目指して頑張るというよりも、今をがむしゃらに頑張りたいなと。
その方が絶対いいね。
そうやって頑張っていたら、気づいたら代表になっているのかなと。